薬剤師の一日

薬剤師がどのような存在なのかは多くの方がご存知の事と思われます。
日常生活の中で薬剤師と触れ合う事も決して珍しくはないかと思いますが、薬剤師は調剤薬局、病院だけでなくドラッグストアにもいますし、認定薬剤師ともなれば日々研究に努めたり、医療チームの一員として大きな病気と向き合う薬剤師もいます。

薬剤師のスタイル

そのため、薬剤師によっても職場により一日の過ごし方は大きく異なります。
調剤であれば患者が来るのを待ちつつ、事務整理を行い一日が終わりますが、ドラッグストアに入る場合には調剤はもちろんですが、薬ではないアイテムのレジ打ちを行う事もあります。

ドラッグストアはコンビニ化が顕著です。
ドラッグストアはもはや薬だけが置いてある場所ではなく、化粧品から日用品、飲食物など、実に様々な商品がラインナップされていますので、それらを購入するお客がいれば、薬剤師ではあってもレジ打ちを行う事になります。

ともすると、一日のお客がすべて薬ではなく、薬以外の物を購入するお客のケースとてありますが、それがドラッグストアなのです。
認定薬剤師の場合、認定薬剤師にもいろいろとあるのですが、より高度な医療チームの一員として研修に当たったり、患者と向き合うなど薬剤師というよりもまるで医師のように一日を過ごす事になりますが、認定薬剤師になるためにはそれなりに条件もありますので、決して簡単なものではありません。
ですが簡単ではないからこそ、より高度な医療と向き合う事が出来るのです。
薬剤師になるためには6年間大学に通い、さらには国家試験に合格しなければならないのです。

決して簡単な道ではありません。
ですのでせっかくなのだからコンビニ店員とあまり変わらないような仕事をするのではなく、薬剤師の資格を存分に活かせる仕事にという事で認定薬剤師を目指す人もいます。
このように、薬剤師の一日は実に多岐に渡るものなのです。

ニーズの高まり

ですが薬剤師のニーズは年々高まっています。
これは先述したようにドラッグストアが増えているおかげです。ドラッグストアがまさにコンビニのように展開しているのですが、いくらドラッグストアでもお店の中に薬剤師がいなければ薬を販売する事が出来ないのです。

そのため、店舗が増える分、薬剤師も必要になるのですが、6年制になってから薬剤師の合格率は低下傾向にあります。さらには少子高齢化もありますので、薬剤師の数そのものが足りなくなるのではないかとの危惧もありますので、将来的に見ると安泰なお仕事でもあります。
薬を処方する事が出来る職業なのですから、薬がなくならない限り仕事がなくなる事もありません。
薬剤師のお仕事を探されたい人はこちらのサイトも参考にされてみてください。
薬剤師の転職・派遣専門サイト『ファーマリンク』

About

Categories: 療養・薬剤関連